KIPPO 日本生まれ、チリ・ロシア育ち。ミレニアル世代にしか書けないブログ

Girl Gone International!  Born in Japan. Raised in Chile and Russia, millenial girl's daily blog

TOMORROW


f:id:kippo623:20170327221504j:image

TOMORROW 

Yes I love musical and indeed I love the musical ANNIE! 

I've first gone to a musical theatre when I was 3 or 4 years old. At that time I was too small that I couldn't understand the deep meaning of life. 

But when I first saw a girl ANNIE,  even though I didn't  understand difficult words I was able to understand the feeling and the atmosphere. 


f:id:kippo623:20170327222519j:image

For those who doesn't know what I'm talking about here we go 

 
f:id:kippo623:20170327223147j:image

THE MUSICAL ANNIE 

In the depths of the 1930's, Annie is a fiery young orphan girl who must live in a miserable orphanage run by the tyrannical Miss Hannigan. Her seemingly hopeless situation changes dramatically when she is selected to spend a short time at the residence of the wealthy munitions industrialist, Oliver Warbucks. Quickly, she charms the hearts of the household staff and even the seemingly cold-hearted Warbucks cannot help but learn to love this wonderful girl. He decides to help Annie find her long lost parents by offering a reward if they would come to him and prove their identity. However, Miss Hannigan, her evil brother, Rooster, and a female accomplice, plan to impersonate those people to get the reward for themselves which put Annie in great danger.

- Kenneth Chisholm 

 

ミュージカル アニー

 舞台は1933年、世界大恐慌直後の真冬のニューヨーク。街は仕事も住む場所もない人で溢れ、誰もが希望を失っていた。そんな中、どんな時も夢と希望を忘れないひとりの少女がいた。ニューヨーク市立孤児院に住む11歳の赤毛の女の子、アニーだ。(wikiより* 詳しくはネットで)

 

 

 最近では2014年に映画バージョンが出たことで、聞いたことがあるかもしれませんね。

 

とにかく

 

このミュージカルを3歳の時に見てから、24歳になるまでずっと自分の人生のmottoにしてます。

 

だって

 

なんか

 

勇気が沸くんだもん


f:id:kippo623:20170327223339j:image

実際モリー役(一番小さい子の役)で4,5歳の時オーディション4回受けたよね。

その時は、日本の舞台は監督が篠崎監督で、まっっっっっー怖い怖い。

でも実際本人を目の前したときの印象は、とーっても優しいオジサン。5ケタの自分のエントリー番号が読めなくて、戸惑ってたら優しく助けてくれた。

 

とにかくアニーは篠崎監督の時にやってみたかったなー

 

オーディションが進むと事務所から、当時はカセットテープでしたが、主題歌が届いて次の審査までに猛練習したの覚えてる。

 

でも

 

練習っていうより

楽しかったけどね

 


f:id:kippo623:20170327223818j:image

ライトに照らされてる自分想像しながら

 

 It's so long ago that it feels weird to talk about it but it is a memory I still remember clearly enough that I can still talk

 


f:id:kippo623:20170327224034j:image

f:id:kippo623:20170327224056j:image

だからアニーは私にとっては永久に愛する作品

ブロードウェイで見てみたい、どころかブロードウェイにたってみたいとか思ったりする。

 

だってさー

人生さー

一度きりじゃん

でもさー


f:id:kippo623:20170327224215j:image

そうなんだよね。

たった一度きりでも、本気で生きて一生懸命生きれば一度でも十分なのかもしれない

でも日々忙しいとそういうことを考える余裕もなく、なんとなーく毎日過ごして、なんとなーく満足してるような気分になってるけど。。

 

もったいないよね

 

学生時代はあんまり思わなかったけど社会人になると本当に自分は“自分“の人生を思いっきり生きているのかなって何度も立ち止まっちゃう

 

 

 毎日、明日が昨日よりも素晴らしい日になりますように!ってアニーみたいに生きたいな!

 

GOOD NIGHT


f:id:kippo623:20170327224644j:image

 

Remove all ads